• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMS(ショートメッセージサービス)の歴史

ショートメッセージサービス (SMS : Short Message Service) は、携帯電話やPHS同士で、短文を送受信するサービス。Text Message(テキスト・メッセージ)とも呼ばれます。サービスとしては古く、1984年にマッティ・マッコネン(フィンランド)が、GSM携帯電話のサービスのひとつとしてSMSを発案。その後、欧州電気通信標準化協会 (ETSI) がSMSを国際標準規格に採用し、ほぼ世界共通(日本を除く)のテキスト・メッセージサービスとして定着した。ITUによると、全世界で2010年に発信されたSMSの総数は、6.1兆通に達している。

SMSは、電話番号宛に送信し、料金は送信側が支払う。受信側は無料。プッシュ型電子メールと同様に、携帯電話の電源が入っていれば自動的に受信します。メッセージは、各キャリアのサービスセンターのサーバを経由して送られます。送信先が圏外の場合は、サービスセンターに保存され、受信可能になった時に再度送信されます。1回のメッセージで送信可能な文字数は最大140オクテット迄(≒140KB)で、文字コードにはGSM 7-bit default alphabetとUCS-2を使用できる。7ビットのdefault alphabetを使用した場合、最大文字数は160文字となる。UCS-2を使用した場合、ラテン文字のほか漢字やキリル文字、アラビア文字など様々な文字を送受信できるが、送受信する端末が対応している必要がある。この場合は最大70文字となる。

日本におけるSMSの変遷

並立・乱立するSMS規格、そしてキャリア自身がISPとなりEメールを提供するキャリアメール全盛の10年間の後、やっと国内キャリア間のSMS接続実現

日本では、平成23年7月13日に、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社がそれぞれ提供しているSMSサービスにおいて、キャリア間の相互接続が実現した。海外に遅れること約10年にしての達成である。過去、国内においては、NTTドコモmovaのショートメール、FOMAのSMS、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン日本法人)・ツーカーのスカイメール、SoftBank 3G(旧Vodafone 3G)のSMS、au(KDDI・沖縄セルラー電話)のCメール、ウィルコム(旧DDIポケット)のPメール・ライトメールがあった。サービス名称としては、ドコモPHSのきゃらトーク・きゃらメール、アステルのAメール、日本移動通信(IDO、その後のau関東・中部地域)のPDCサービスで提供されていたプチメール、DDIセルラー(その後のau関西地域など)PDCサービスのセルラー文字サービス、たのしメールがあった。その後、第二世代携帯電話の時代には、NTTドコモ・グループ/デジタルフォン・グループ/ツーカーフォン・グループの「PDC」、IDO/セルラーフォン・グループのCDMA、およびPHSと規格が並立。このうち、IDO/セルラーフォン・グループのCDMAは「世界仕様」であり、本来SMSでの国外とのやりとりは問題なかった。しかし、ユーザーが第一に求める国内・他事業者のユーザーとのメッセージ交換ができず、SMSの最大の利点である「電話番号のみでのテキスト交換」は失われた。このため、国内での事業者をまたぐメッセージ伝達手段としては、NTTドコモのiモードメールやau並びにツーカー(2008年3月末を以って終了)のEZwebなどの、いわゆるキャリアメールが普及し、SMSは積極的に利用されなくなった。第三世代携帯電話規格への移行後も、「SoftBank 3G」と「ドコモFOMA」がW-CDMA方式を採用したが(国際SMS規格となる)、日本国内では事業者間を跨いでメッセージの送受信が出来なかったが、上記にあるように、平成23年7月13日に国内キャリア間のSMS相互接続が実現したのである。